違法性があると判決

違法性があると判決

国民生活センターのまとめでは2001年から2011年度までの5年間で健康被害に関係する相談が121件寄せられてるとしているのです。そうしてその中の95%に当たった116件は医師免許を持たないサロンなどで行われていたものでしょう。

以前に東京地裁で行った裁判では、違反サロン経営者が医師法に違反する行為をやったことは認めたものの、アートメイク自体は美容を目的とし、人体に比較する危険性が最高とは言えない行為だと主張しています。さらに、アートメイクが社会に広まってることを理由にすでに社会に受け入れられました周知の行為だとも話していた。

そこからも毎年そしてしまいましたトラブルは増え継続しており、医師免許を持たない技師や違反したエステサロン経営者などの逮捕が続出し、懲役刑となっています。しかしていながら、東京地裁は美容を目的としていても医療を目的としていても人体にもたらす危険性は変わらないのだという理由と、世の中的に一般化した技術であったとしましても、そのリスクが判明した以上医師でないものがこの行為を行うことには違法性があると判決を下しています。