刺青にみようかな痛みを感じることもない

刺青にみようかな痛みを感じることもない

アートメイクは皮膚の表面に近接ところに針を使って着色していますので、刺青と違い一生消えないわけではありません。皮膚下0.01~0.03oはちょうど表皮と真皮と言い伝えられる皮膚細胞のところあたりです。

皮膚の表面に鼻先ところにアートメイクは色素を入れていますので、肌の代謝で徐々に薄くなっていき、刺青にみようかな痛みを感じることもないです。ということでアートメイクは時間いっしょに徐々に色が落ちていくようになり、最終的には消えてしまうものだ。

髪の毛や体毛が生えている毛根がある部分がちょうど皮膚下0.06~0.1oの皮下組織と言い伝えられる真皮よりもさらに深旨ところになり、刺青などを入れている個所もこの皮下組織になるのでしょう。アートメイクは人体に安全な色素を使用し、皮膚下0.01~0.03oの部分に極細の針で色素を入れて着色をしていくものでしょう。

アートメイクがどの程度の間、色彩を保っていられるかというと個人差はあるが、一般には2年から3年程度と言い伝えられていまして、長たらしい人でも5年くらいですのです。